走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

土曜日:鼻水対策

今週は月またぎながら、月、水、そして今日の3回走ったものの、今日以外はとりあえず走っておこうといったところだったので、今日は距離を伸ばすことにしました。

 

 

少しずつ距離を伸ばす

先週土曜日には、LSDで10Kmまであと300mに迫りましたが、これはちょっと無理しすぎ。

それまでの最大距離を3Kmも伸ばしてしまったので反省。じわじわやっていかないとまた故障します。

10Kmへの挑戦は今月中旬移行にしておいて、しばらくは6Kmを基調にもう2Kmとか3Kmとか増やすぐらいにしておきます。

 

今日も周回コースを4周して6Km走ったのですが、ここ何回かは心拍数があまり上がらないのに、息苦しくなってくるという新しい展開。

きょうも極めて遅いペース8:30分/Kmで走ったのですが、すごく苦しい。

もしかすると、無理して走ったことがココらへんに影響出ているのかな。しばらくは無理せず様子見です。

 

 

ツボを押して効果あり

12月になってから、鼻水が出てきてすすりながら走るのが鬱陶しいので、対策を調べることにしました。

ネットで調べると、マスクをする、ハンカチで拭き取る、鼻水に効くツボを押す、が主な対策として見つかりました。

 

・マスクをする

冬に鼻水が出るのは、冷たい空気が鼻の粘膜を詩偈するからということで。冷たい空気が直接触れないようにマスクをするというのがあります。

キロ8分台でも息が苦しいのに、マスクをするのはハナから除外です。

 

・ハンカチで拭き取る

常に汗拭き用にハンドタオルをポケットに入れています。一枚のハンカチで汗も拭く、鼻水も拭くでは気になるので、タオル地のリストバンドを着用して鼻水拭き専用にするのもいいかな。

 

・鼻水に効くツボを押す

小鼻が膨らんだ下にある「迎香(げいこう)」というツボが、鼻水を止めるのに効果あるということです。

下図のピンク色の丸の部分です。ここを両手の人差し指でも中指でも、5秒押すのを3回行うと効果あるということです。

更に、鼻詰まりには「鼻通(びつう)」というツボ、下図のブルーの丸部分です。ここをちょっと強めに5秒押すと効果あるということです。

 

f:id:up2t-skmt:20181230122310j:plain

 

これだったら走っている最中でも押せるし、なんと言ってもタダなので早速やってみました。

 

そうですね。

確かに効果あるかも。

 

今週3回走りに行って3回とも試したんですが、全く鼻水が出なくなるわけではないのですが、鼻をすする回数が少なくなりました。

もっとも今日は気温15度もあったから参考にならないかな。鼻水より目のまわりの汗を拭くほうが忙しかった。

 

鼻水をすすりながら走るのは、結構いらつきます。

長い距離を走るときは、テッシュを取り出して歩きながらかんでしまうのが一番の対処法ですね。

数十秒を争って走っているわけでもないので、快適に距離を伸ばしていくことにします。