走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ジョギングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

日曜日:グンゼのパンツ

しばらく出ていなかった体のダルさが、少し出始めてがっかりしているところです。

天気予報を見ると、35度を超える猛暑も水曜日あたりまでのようです。普通の夏の暑さに戻ってきたら、それをきっかけにして散歩程度に走ってこよう。

 

さて、今日は下着のパンツの話です。じじいのパンツ話など興味ないというか、嫌悪感を感じる方はここまでということで。。。

 

下着のパンツは、ユニクロのボクサータイプを履いてます。生地の薄いエアリズムの中から柄違いを楽しむぐらいでした。

ボクサータイプは、最初のうちはフィットしてマタ周りの収まり具合もよく、すっきり履けてるんですが。洗濯を繰り返しているうちに生地が緩んできて、しまりが悪くなるのが不満でした。

じゃ、あれどうかな。と試しにロードバイク用のインナーパンツを履いてみました。これはパンツというよりサポーターといった方がいいのかな。薄い生地でケツ部分に縫い目がないのです。サドルに座ったときに負担がかからないようにという品物です。

包まれ感からマタ周りの締まりがよいのです。すっきりして涼しくさえあります。

 

ボクサータイプよりブリーフタイプの方がいいかもしれないと、ユニクロで探してみました。残念ながらユニクロではブリーフタイプは扱っていませんでした。

ブリーフパンツですぐに思い出したのがグンゼです。

グンゼで検索するとすぐにネット通販のページが見つかったので、どんなパンツがあるのか、値段はいくらか。調べてすぐに欲しいものが見つかりました。

www.gunze.jp

 

ブリーフといっても、中学生の頃にお母さんにあてがわれた白くてマタガミの深いブリーフパンツってのも今更どうかな。だからと言ってビキニタイプは食い込みそうだしな。

小学4年生の林間学校の時。持ち物に名前を付けてくださいと言われて、私の親はパンツの前に大きく名前を書きました。担任の先生は、これはいいことだと言ってくれましたが、マネする人は誰もいませんでした。

 

ビキニパンツに悩む男にぴったりの商品があったのです。セミビキニという名のブリーフです。中学生ブリーフとビキニの中間って、何て魅力的な商品でしょう。

ネーミングもいいですよね。すっかり気に入って色違いとサイズはLとLLを試しに買ってみました。

 

商品が届いてから毎日着用しているんですが、マタ周りの締りはすこぶるいいですね。すっかり気に入ってしまいました。ただ、これは袋から出してすぐなので、洗濯を繰り返してからどうなるかですね。

洗濯も5回すると生地がごわついてきました。綿100%だからでしょうか。ビキニタイプだと化学繊維の柔らかいものもあるようです。

ケツの割れ目にパンツが食い込まなければビキニでもいいかな。ビキニの方がよりサポーターぽくて締りが良さそう。難題は前開きがないことかな。慣れれば何とかなるか。

次はビキニに行くことを考え始めました。

 

今年の夏は人知れず、ビキニパンツで色気を出してもいいかな。