走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

金曜日:夕方の不思議な光景

いよいよ花粉の季節真っ只中になったようです。

最近は殆ど走っていないこともあって、花粉を吸い込むのが少ないからなんでしょう。例年のように鼻の中が腫れてしまうことがなくて助かっています。

 

それでも、外に出て20分も歩いていると、体がだるくなって何もやる気が起きなくなってしまう。

ちょうど先週も同じように体がだるくなって、風邪引いたのかと思っていたけど、花粉症の症状が出始めたんでしょう。

 

これから5月末までこれが続くのかと思うとうんざり。

今年は水彩画など習うつもりなので、昨年よりもんもんとすることもないかな。

毎年のことなのでしょうがない。前向きに捉えていきましょう。

 

 

今日の夕方、不思議な現象を写真に捉えました。

夕方5時20分頃のこと。家に差し込む光が赤っぽかったので、夕焼けかと外を眺めたら、それほどの夕焼けでもない。

ちょうど日の入りの時刻のはずだけど、やけに外が明るい。

 

f:id:up2t-skmt:20200214192358j:plain

この方向に日は沈んでいます。

 

f:id:up2t-skmt:20200214192401j:plain

真上だとわかるようにアンテナも含めて撮影したので、真上の明るい部分の右下4分の1ぐらいしか撮影できていません。

 

空を見上げると真上が明るい。厚い雲の向こう側に太陽でもあるのかというほど明るい。真上が明るいので外が全体的に明るくなっているようです。

光の屈折の具合でこんな現象が起きているのでしょう。そういうことなんだろうと思っても、ちょっと薄気味悪い。

 

10分もしたら真上の明るいのは消えて、厚いグレーの雲だけになっていました。何事も起こらなくて、ホッとしました。