読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

初めての鹿島灘

前回の九十九里浜に続き、サーフヒラメ釣りのポイントを下見に行ってきた。
今回は鹿島灘だ。

前回同様にグーグルマップで海岸近くの駐車場を見つけてカーナビに登録した。
千葉県銚子のすぐ西側、鹿島灘の最南端の波崎から北上して大洗海岸サンビーチ駐車場まで訪ねてみることにした。途中何箇所かの海岸駐車場に寄っていく。

せっかくなので、前回の九十九里浜で訪れなかった九十九里浜の飯岡あたりにも寄ってみることにした。それじゃーもっと南側の前回下見した屋形海岸のすぐ隣の海岸からスタートしてもいいじゃないか。

といったわけで九十九里浜中央の木戸浜海岸からスタートして、2か所ほど九十九里浜の海岸に寄ってから鹿島灘に向かうことにした。

九十九里・木戸浜海岸

自宅の浦和から2時間弱で到着するので、日の出から逆算して4時半に自宅を出発。
空がオレンジ色に染まるころに第一番目の目的地木戸浜海岸に到着。
ここでは海岸駐車場が見当たらなかったが
車が止められそうな広場があるようなのでカーナビに登録した。

前回の釣り場下見の教訓から海岸歩き用の長靴を持ってきた。
前回は運転する時の靴のまま海岸歩きしたら運転席の床が砂だらけになってしまった。
砂といってもたっぷりの塩分を含んでいるのでサビの原因になる。
翌日には掃除機で丹念に拭きとって雑巾拭きした。
今回は運転席に砂を入れないようにしないとね。

川を隔てて右岸が前回下見した屋形海岸だ。
前回はうねりが入ってかなり波高になっていたが、
今日はそれにも増して荒れた海だ。

波に揉まれた海水が泡になって海岸を漂っている。
海中真っ白でまるで雪山のよう。
泡の海の写真をとってシャッターチャンスを待った。

ちょうどいいのが来たのでパチリ。
次の瞬間、逃げ足より早く海水は長靴の中にたっぷり入り込んだ。

しょっぱなからこれだよ。
幸い替えの靴下持ってきたので履き替えたけど、長靴の中かはぐちゅぐちゅで使い物にならず、結局一日運転用の靴で海岸歩きしてたっぷりの砂が運転席の床を覆った。

第一釣り人発見。この日あちこち見て回ってルアー釣りしている人はこの人だけだった。季節外れだからなのか、海が荒れすぎなだからなのか。

駐車場の広場はこんな感じ。
駐車場とは書いてないけど、ここより車進入禁止と書かれた看板の手前に止めた。空き地の周りに人家もないし駐車禁止の立て看板もないから問題ないかな。屋形海岸周辺の釣り場として候補に挙げときましょう。

九十九里・堀川浜海岸

さあ、次行きましょか。九十九里浜を北上して次は堀川浜海岸だ。
ここも駐車場はないが野球グランドの横に駐車スペースがありそう。

道路から海岸への入口に「一般車両進入規制」と書かれていていたので近くに車を止めて歩いて海岸まで来てみると。海岸への立入禁止となっているし、グランドの横に停められそうなスペースもないので海岸を見ることなく退散。

九十九里・今泉海岸

次の今泉海岸に向かう。ここも駐車施設はないが周りに人家がなく車が止められそうな広場があったので登録した。

工事関係者以外立入禁止となって重機が置かれたままだ。護岸工事真っ最中といったところ。
何年かしたら来てみましょう。

九十九里・矢指ヶ浦海岸

次は九十九里最後のサーフ、矢指ヶ浦に向かう。

矢指ヶ浦ではロングボードのサーファーが2名いただけで釣り人はいない。

駐車場に清掃の行き届いたトイレまで完備。気に入った場所だけど「車上狙い注意」の看板や登り旗がめだつ。そんなに物騒なのか。ここも釣り候補の場所だ。

鹿島灘・波崎海岸

次はいよいよ鹿島灘に入る。利根川を渡って30分程だ。

鹿島灘の最南端、波崎海岸は立派な駐車場完備の観光施設のようだ。

防波堤を乗り越えてくる波。穏やかな日にぜひ訪れたい場所だ。

遠くにかすむ風車の方向にこれから向かう。煙突は鹿島の工場群だろうか。

鹿島灘・神栖サッカーグラウンド前

北上して神栖(かみす)サッカーグラウンド近くの海岸を目指す。サッカーグラウンドの駐車施設が使えるのかを確認する。

神栖市の施設のようで特に駐車使用の規制は書いてない。

歩いて5分ほどで海岸に入る。雄大な海岸風景が続く。

海岸のゴミも多い。誰かが捨てたというより打ち上げられたのだろう。
ここもいつかは訪れてみよう。

次は1km先の神栖風車横の海岸だ。10台ほどの車が止められる。

ここも気に入ったので来てみましょう。

鹿島灘・大野海岸

次は鹿島大野の海岸だ。ここは駐車場がないが海岸に停められそうか。

次回ビーチクリーンは2月、サーファーの方面もぜひ参加してください。なんて看板も立っている。
普段は人通りがあるのだろうか。

本日はだれもいない。次回くるかどうかわからない。多分来ないだろう。

鹿島灘・大竹海岸

次行きましょう。次は大竹海岸だ。

大竹海岸は広い駐車場も完備して海水浴シーズンにはみやげ物屋もできそうだ。

海岸も気持ちよく広がっている。

だけど、たったひとつ問題が。
看板の注意事項だ。営業時間が朝8時から夕方4時まで。
これじゃ釣りには使えないので、きれいな海岸だけどもう来ることはないだろう。

鹿島灘・大洗海岸サンビーチ

さあ、次は本日最後の下見場所。大洗海岸サンビーチだ。
きっと釣り人がわんさかいることだろうと来てみると。

わんさかいるのはサーファーばかり。
釣り人は一人もいない。残念だけど、もう来ることはないでしょう。

2回に渡るサーフ釣り場の下見。
九十九里浜から鹿島灘。訪れる場所が何箇所か見つかった。
暫らくはエサ釣りから離れて、ルアーフィッシングに通いましょうか。