走って、走って、ときどき海遊び

人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

火曜日:すでに夏バテしてます

6月7月と海に行けない日が続いている。疲れがたまっているのか、家にいても昼寝してばかりだ。

8月にならないと逗子に行けそうもない。だいぶ日が空いてしまい、夏の日差しがチョツト怖くなってきた。

 

又吉氏の小説「火花」を読み始める前に、芥川賞受賞のニュース。何だか身内が受賞したような嬉しさだ。

ちょっとホットすぎるので話題の本を読むのは少し置いておいて、同じく又吉氏の「第2図書係補佐」の方を読んでみた。

 

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

 

 

又吉氏の好きな本にまつわるエッセイ集のようなものだ。

読んでいて気になることが一つ。文章の句読点の打ち方が少ない。少ないという言い方でわかるだろうか。息を次ぐ箇所がなくて一気に読み進めるような文章だ。

普段の唐突なおしゃべりと違い、息も継がせない流れるような文章を狙ったのだろうか。好感の持てる文章と内容の本だ。