きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

金曜日:釣れたけど(?)

10月3日以来のサーフ釣りに行ってきました。釣行可能日と海のコンディションが合わずに2ヶ月以上も間が空いてしまった。場所は先月下見をした房総千倉方面へ。

日の出時間6時40分に合わせて3時に自宅を出発。暖かい12月が続いているがそろそろ冷え込んできてたので、真冬用の防寒着を積み込んだ。ウエーダーを着るので下は防寒ズボン履かないですみました。

日の出までは指先も冷たかったが薄手のグローブで済んだ。 波予報だと午前中は1m前後の波が、午後から明日の土曜日に向けて穏やかになっていく。

この海岸は湾曲しているので場所によって波高と穏やかな場所とがある。サーファーのいる場所を過ぎて穏やかな場所を探して釣り始めた。

午前中でもこんな程度だったので、夕まずめには釣れる気満々。

f:id:up2t-skmt:20151219203412j:plain

釣りってのはいつだって釣れる気満々だ。九十九里のように遙か沖合で波が割れることもなく、手前で砕ける波の色がブルーで綺麗。足元の水も透き通っていて益々釣れる気を煽ってくれる。鳥山も遠くに見える。

ホント、大きいの釣りたい。ブランク長すぎ。

多少大きな波もあったのが、9時を過ぎる頃から穏やかになり始めた。平日のせいもあってルアー釣りは数人見かけるだけだったのが、朝マズメを過ぎて釣り人もいなくなり、いつも通りの一人釣行だ。

釣れる気満々のところだったが、昼近くになってもアタリのひとつもない。5m近い風も左手斜め後ろなのでキャスティングしにくいこともないが、首元が寒いのでフードをかぶっていた。

あれこれルアーを試してバイブレーションにした所で多少のアタリも出てきたが、ただの根掛かりのようだ。着水した瞬間にガシっと掛かるから魚かと思うとがっちりと根掛かりだ。九十九里ではこういうことはなかった。ルアーを何個か無くした。

ひときわ穏やかな場所を見つけたので昼休憩前に何投かするかと投げていたら、ガシっときた。また根掛かりかと思った直後にぐんぐんと引く大物の引き。魚だ。

何度かやり取りをして波が来るのに合わせて引き上げたら、なんとクロダイ

f:id:up2t-skmt:20151219203414j:plain

メジャーの0起点がずれているから46cmということで良いかな。磯釣りでこのサイズだと相当のやり取りが必要だが、あっさり上がってしまったかな。やり取りしている途中ではかなり興奮していたので簡単に上げたというわけでもない。

このサイズのクロダイは嬉しいんだけど、ビミョウな気持ち。それでも持ち帰ることにして車に戻る。

ランガンしながら2.5kmほど歩いてきたのでコレを40分近くかけて戻る。遊歩道があるがウエダー着用で歩くのは相当疲れた。午後からの釣りにまた戻るのかと思うとげんなりする。

車でひと休みするつもりでいたが、砂浜でレジャーシート広げて寝っ転がったほうが休めるだろうと、すぐに釣り場に戻った。

ここの海岸は砂浜のすぐ後ろにコンクリートの遊歩道があるので、休憩時には荷物を置けて助かる。

f:id:up2t-skmt:20151219203413j:plain

遊歩道を散歩する人が時折いるので寝っ転がっているわけにも行かず。寝る時は海岸にレジャーシートを引いて一眠りした。レジャーシートと言っても畳一畳分のブルーシートだけどね。この海岸は砂が柔らかくて歩くには苦労する。

予報に反して午後になると波が強くなって釣りをする場所が見つからない。平日とは言え人気の場所だけあって夕まずめには10名以上の釣り人。

日の入りは4時半と早い。日が沈むまで粘ったがアタリのひとつもなく終わった。結局一日10kmランガンして相当疲れた。

帰りは渋滞もなく3時間で帰宅。缶ビール1本飲んだところでダウン。無性に眠くなり爆睡で一日を終わった。