走って、走って、ときどき海遊び

人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

木曜日:夏も終わり海のシーズン開始

すっかり涼しくなってきました。

過ごしやすくて良いんだけど、今年の夏も終わりかと思うと寂しさも。今年は海水浴シーズンにもウインド行くつもりでいたので残念です。

家の用事で忙しくしていたので、週末の海遊びも、週中のロードバイク修行も遠ざかっています。遊べていないと張り合いがなくて、ブログまでおろそかになってました。

 

世界初の技術でメダル獲得へ

今週の日曜日、NHK BS1の番組「スポーツ・イノベーション」で、ウインドサーフィンの話題が放送されていました。

今まで経験則に頼ってきたウインドサーフィンの指導に、センサーを使ってデータ分析して選手育成に役立てて、東京オリンピックでなんとかメダルを取ろうという試みを紹介してました。

 

もともとは、ウインドサーフィンのアマチュア選手である富士通デジタルフロントセンターのシステムエンジニア横井愼也氏が、自分の技術向上を目指してセンサーを開発し、更にレベルアップして富士通が分析とアプリケーションソフトを作成し、ラピスセミコンダクタ社がセンサーの改良、そして日本ウインドサーフィン協会が共同して開発にあたっているようです。

f:id:up2t-skmt:20170831203513j:plainマストに計測機器を取り付け、GPS情報、加速度、ボードの姿勢を同時に記録し、ボードの位置、速度、セイルの角度をパソコン上に表示するものです。センサーを取り付けて逗子海岸でデータ記録する様子が紹介されていました。

 

体重減でパフォーマンス向上

世界初の技術と地の利を活かして、メダル獲得を目指すというもので、かなり期待されているようです。メダル獲得で、ウインドサーフィン振興に大いに役立ててもらいたいものです。

 

私の方は、ここ5年間でも最大の体重減で、ウインドのパフォーマンスも上がっているはずです。

何で体重減ったのかというと、ロードバイクで太ももをよく使い、家では腹筋運動中心に励んだせいで、太い筋肉のカロリー消費が増えたからかな。

いくら海のスポーツでも、真夏は暑すぎます。
涼しくなった海でのんびりしてきますか。