走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ジョギングで走って、自転車で走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

火曜日:植物なりの事情で咲いたり休んだり

先週は風の強い日が3日ばかり続きました。ベランダで育てている鉢花のうち種から育ってているハナビシソウの茎が、何本か鉢の淵に当たって折れてしまったものもあります。

風が強いので寒く感じるけど、気温自体は例年より5度ぐらい高いようです。ここ、さいたま市も意外と寒くて例年だと-5℃ぐらいにはなるんですが、今年は0度以上の日もずいぶんあります。

 

そのせいなのか、冬の寒い中でも元気に育つ植物も多数あります。

今年初めて育てているビオラです。昨年11月に買い求めてから2度ほど切り戻したのですが、鉢の淵をオーバーして育っています。

置いてある場所は昼過ぎに3時間ぐらい日が当たるだけなんですが、花も絶えることなく咲いています。

ビオラって4月ぐらいまでは育って花をつけるんですよね。暖かくなってきたらどれほどの大株になるのか楽しみです。

 

ビオラの隣にはオーストラリア原産のウエストリンギアを置いてあります。似たような環境なんですが、じわじわ株が育っています。

ウエストリンギアは耐寒温度-5℃と、さいたま市でもぎりぎりのところなんですが、今年の暖冬が幸いしているんでしょうね。暖かくなってきたらもうひと回り大きな鉢に植え替えて、今年こそは紫の小花を見たいものです。

手前にあるのはアジュガです。暑さ寒さに強く日当たりが悪くても4月になると花を咲かせてくれます。葉の色つやもいいですね。

 

一日のうち1時間ぐらいしか日の当たらない場所に置いたヒューケラとワイヤープランツも育ちこそしませんが、葉色も良く春には育ってくれるでしょう。

 

びっくりしたのはこのヒューケラです。昨年11月に植えつけてからも、育ちが悪いので少し日の当たる場所に置いておいたのですが、まったく育たない。

葉がベターっと鉢の淵に張り付いて土が見えなくなるまでになったので、蒸れないようにと葉を半分に切り詰めました。その後1ヶ月半ぐらいになるんですが、コレ花芽ですよね。

初めて育てるので何とも分からないのですが、育ちが悪いのに花を咲かせていいのかどうか。

 

植物なりのいろいろな事情があるんでしょう。咲いたり休んだり、様子を見守るしかありません。

2月になったら園芸店を覗いてみるかな。