走って、走って、ときどき海遊び

ラスコゥです。人生3分の2を終え残りは、ジョギングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

木曜日:電子書籍も紙のも同じ値段ってどうよ

毎週木曜日は、週刊文春と週刊新潮の新聞広告が掲載される日だ。
週刊文春に気になる特集記事があった。

f:id:up2t-skmt:20211021191117j:plain

 

「特集 最高の老後のコツ」で取り上げた、「介護を楽にするアンダーヘア脱毛って」「男の更年期障害はこう防げ」「膝痛対策マニュアル」の3つだ。

アンダーヘアの件はどうも女性向のようだが、他の2つは自分向きといってもいい。

 

早速、スマホでDマガジンを見てみる。

週刊文春は今日発売号がさっそくリストに載っていたので週刊文春をクリックしてないようをみてみる。残念ながら気になった特集記事は掲載されていない。

まあ、大体そうなんですよね。特集記事はDマガジンでは載っていなんです。

1ヶ月400円ぽっちで、週刊誌や月刊誌の記事が全部読めたんじゃ、雑誌社もやってられないよね。

 

では、Amazonのkindleではどうだ。

今日発売号はまだ掲載されていない。ブログを書いている途中の夜7時過ぎにもう一度確認するも掲載されていませんでした。

もし、その時に今日発売号が載っていたら、すぐに買ってしまったかもしれない。

 

でね。気になったのは価格なんです。この週刊文春は紙の雑誌だと440円なんですが、kindleでも同じ440円でした。

電子書籍は、流通経費がかからないし、印刷代も紙代もかからないので、割安に提供できるのでは。なんて言ってなかったかいな。

 

この時点で、明日掲載されていても電子書籍でも買う気はなくなりました。

 

男の更年期障害も膝痛も、インターネットで調べて済ませました。帯に短したすきに長し。もう少し、商売うまくやれないもんかな。