走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

木曜日:1年前を思い出す

先週土曜日から、一日おきに走りに行っている。これぐらいの頻度で走れると、心肺機能の向上も感じられる。

 

6Kmを走るスロージョギングの「にこにこペース」も、昨日は8:48分/Kmと先週より30秒速く走れるようになった。

ガーミンで測定した有酸素運動効果も、先週は4以上だったのが昨日は3.7に低下してきた。ペースを上げても楽に走れるようになってきたようだ。

 

もう数週間もすれば、酷暑の夏がやって来る。このままスロージョギングを徹底して、夏を乗り切っていくのが良さそうだ。

 

f:id:up2t-skmt:20190711171606j:plain周回コースに向かう途中の花の小道。マーガレットに似た白い花はエリゲロンという花名である事を昨年知った。昨年より花数が多いようだ。涼しい7月のせいで元気なのかな。

 

 

昨日走ったとき、最近お見かけするようになった同年代とおぼしき男性ランナーお二人がいた。

 

お一人の方は、私よりカラダも細身で体重も軽そう。走る姿も無理がない。まだ走り始めて間もないので心肺機能も鍛えられていないのでしょう。長い距離が走れないだけのようだ。

きっと、半年もしないうちに私なんか軽く抜かれてしまうだろうな。

 

もうお一人は、ぽっちゃりしたメタボ体型。

私より速いペースで追い抜いていくが、すぐに歩き始めるので、また私が抜く。しばらくするとタッタッターと足音が聞こえ、私の横を追い抜いていく。またすぐに歩き始めるので私が抜く。

この後抜かれることはなかった。2周もしないで帰られたようだ。

 

1年前の自分を見ているようでした。

自分の走れるペースがわからなくて、記憶にある若い頃の走るスピードで走り始めてしまうが、とてもそんなのは続けられない。

 

追い抜かれたときにその方の走り方を見ていると、まるでプールで溺れているかのようにアップアップして走っている。

走ってるのが苦しいんだろうな。カラダも左右にブレて体幹で支えきれていないようだ。あんなにガニ股で着地してヒザ壊さないかな。

 

「ああ、あの人にスロージョギングを教えてあげたい」

そんな辛い思いして走っても、とてもじゃないけど続けていけない。

スロー、スローで呑気にやっていきましょうよ。

大事なのは、継続すること。

 

お話する機会があったら、いいんだけど。