走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

金曜日:真夏の給水問題

今日は、さいたま市でも最高気温30度をちょい超えたようだ。

明日はさらに暑くなりそう。昼の2時3時という一番暑い時間帯に走るので、5月とはいえ夏の給水対策を考えなくては。

おととい水曜日は気温24度だったが、ソフトフラスク150mlの水を飲み干して足りなくなってしまった。

 

ここ1.5Km周回コースの有る上谷沼運動広場の管理事務所には、自動販売機もあるが水のペットボトルが500mlサイズしか無いので持て余してしまう。余すのももったいないと一気飲みしたら、その後走れなくなってしまったことも有る。

その後、250mlのシリコン製水筒を買い求めて、ランニングパンツのポケットに入れて走ったが、かなりじゃまだった。

体に身に着けて走るのも鬱陶しいし、何かいい方法はないかと思案した。

 

ネットを検索して調べてみたが、気に入った方法や商品が見つからない。

どうするかなー、と途方に暮れていたところ昨年のある風景を思い出した。

水筒や透明トートバッグを網フェンスに引っ掛けておいたり、木からぶら下げている人がいたのだ。ああゆう方法もあるのか。昨年は他人事として眺めていただけだが、今年はあれをやってみよう。

 

水筒を置いておけるなら、重い保冷タイプの水筒でもいいじゃないか。

酷暑の夏に、氷を入れた冷たい水が飲める様子を思い描いたら、いても立ってもいられずこの方法がベストに思えてきた。

 

確か保冷タイプの水筒があったよな。

押入れのダンボールを探して見つけた。10連休中に押入れの整理をしたので、何がどこにあるのかすっかり把握しているのですぐに取り出せた。

 

携帯用のベルトが一切付いていない。

さて、これをどうやって持っていくか。

 

周回コースに向かうまでのウォームアップランでは、背中に斜にかけて手には荷物を持たないようにしたい。

ウォーキングの時に使っていたAVIREXの肩から斜めにかける小型バッグもあるけど、もっと簡易的なものがいいな。

百均あたりで売ってそうな安い布袋に、紐を縛って肩からかけるようなものでもいい。

f:id:up2t-skmt:20190523153828j:plain
f:id:up2t-skmt:20190524122939j:plain

 

まず考えたのが、写真左の水筒を手拭いで巻き込んで、両端を縛り紐を結んで肩からかけられるようにするもの。

これで繁華街は歩けないけど、人通りの多い場所を走るわけでもないし、恥ずかしがることもないだろう。

ただ、これが木の枝からぶら下がっているとナンだと思うかな。見るからにバッグだったら、着替えか何かを入れて置いてあると思われるだろうけど、この不思議な物体はかえって興味を惹かれてしまいそう。

いっそのこと「水筒」とマジックで大きく書いておくかな。んん、それはちょっと恥ずかしいな。

 

最終的には、写真右の百均で買った透明ポーチのジッパーに紐を結んで肩から掛ける方法をとることにした。

これだったら中身が分かるので、水筒を置いてあるんだなとわかってもらえるだろう。

 

これで真夏の水問題は一件落着だ。

氷で冷えた水が飲めるのは最高。明日試してみよう。