走って、走って、ときどき海遊び

ラスコです。人生3分の2を終え残りは、ジョギングで走って、自転車で走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

木曜日:ランニング初めての冬ウエア

風邪が抜けません。

ちょっと熱っぽいぐらいで、特に症状が厳しいわけでもないけど、走る気力もないので土日まで休みにしました。

先週土曜日に走って、極端に足の疲れを感じたのが無理しすぎだったかな。

ちょっとペースダウンして10Km走破前に、8Kmで足をしっかり作っていくことにします。

 

f:id:up2t-skmt:20190206163851g:plain

 

ランニングで初めて迎える冬なので、ウエアはどの程度の防寒が必要なのか手探りで用意しています。

私の走っている午後3時ぐらいは、一日のうちでも一番気温の高い時間帯です。朝のうち気温が0度や氷点下でも、昼には10度ぐらいになっていて、日差しがあれば汗をかきます。

汗っかきなので、ウインドブレーカー的な熱がこもりそうなものは用意してません。

 

f:id:up2t-skmt:20190114120828j:plain色合いが黒とかグレーとか地味なんですが、顔がしつこいからバランス取れてそう。

 

着用している上着は写真の3種です。

写真一番右のアンダーアーマーのコールドギアベースレイヤーを着用した後、写真一番左のノースフェイスのサイクリングウエアを着用しています。

アンダーアーマーのベースレイヤーはコンプレッションタイプで肌にピッタリ密着。走り終わって脱ぐと腕には生地で締め付けた痕が残っています。

日差しがなくても、風が強くなければこの2着で充分しのげます。

 

走って風をお腹で受けるので、お腹がかなり冷えるようです。ベースレイヤーの下に畳んだタオルを入れるようにしたら、お腹の冷えにも効果ありました。コンプレッションタイプなのでタオルがしっかり収まってくれます。

 

気温が5度以下で日差しもなく寒そうなときは、写真で真ん中のアンダーアーマーのウエアを着用しています。

これはベースレイヤーではないのですが、XLを買ったら丈が長すぎて、着てみるとだらしなく見えるのでインナーにしました。

 

3枚重ねでもそれほど着ぶくれ感は無いのですが、走り始めるとかなり熱くなります。

 

アンダーアーマーのサイズは全体的に大きめです。

コンプレッションタイプのベースレイヤーはかなり締め付けるので、胴体の太い私にはXLでぴったりサイズ。一番上に着るウエアはLでも丈が長すぎ。

締め付けないタイプならMでもいいくらいかな。体重が更に落ちてきたときのことも考えないとです。

 

f:id:up2t-skmt:20190114120824j:plainソフトフラスクには水だけだと味気なくて飽きたので、ポカリスエットの粉末を微かに味がする程度入れています。

 

ノースフェイスのサイクリングウエアは、丈がランニング用にちょうど合いそうなのと、更に便利な点を発見。

ジッパー付きの胸ポケットです。サロモンのソフトフラスク150mLサイズが入れられます。

満タンで水を入れると飲み口がポケットから飛び出すけど、ジッパーを閉めて押さえつければ、走っていてもポケットの中で暴れることはありません。

 

これからウエア買うときは、胸ポケット付きを選ぶことにします。

ランニング用に限らず、使い勝手のいいウエアを探すことにします。ロードバイク用の派手なウエアじゃなきゃいいでしょう。