走って、走って、ときどき海遊び

人生3分の2を終え残りは、ランニングで走って、ロードバイクで走って、ときどき釣りとウインドサーフィン.....

金曜日:山田君とゆで卵の思い出

毎月5日は、タマゴの日なんだそうだ。
タマゴの業界団体が販売促進のために設けたもので、
特に11月5日はいい卵の日とか。

ゆで卵の殻を剥くたびに、遠い昔を思い出すことがある。

 

 

小学校の頃、3年か4年の頃だった。

遠足で高尾山に行った。

 

弁当の時間になり地面にシートを敷いて、
班ごとに手作りの弁当を広げ始めた。

定番のゆで卵は全員が持ってきている。

 

山田君は殻を剥くのに手間取っていた。
殻に身が付いてきれいに剥けないのだ。

それを見ていた子が

「山田君のおかーさん、ゆで卵をゆでた後に、
冷たい水につけるの知らないんじゃない。
だからきれいに剥けないんだよ」

 

山田君が悲しそうな、悔しそうな顔をしたのを
僕は黙って見ていた。

きっと、山田君はおかーさんのことバカにされて、
悔しかったんだろうな。
僕だっておかーさんの事バカにされたら
悔しいに決まってる。

 

なにか言ってあげればよかったのかなと思いながら、
帰りの山田君の様子を見ていた。

結局何も言わなかった。

 

家に帰ったら、おかーさんに
「なんで茹でた後に、水に入れてくれなかったんだよ」
とか言ったのかな。

 

f:id:up2t-skmt:20180621171228j:plain

写真を、プリンターのおまけで付いてきたPainterで、印象画風に加工してみました。

 

それから程なくして、山田君は転校していった。

病気で長い間入院していたおかーさんが亡くなったので、
おとーさんの田舎に帰ったと聞いた。

 

「山田君、なんにも言ってなかったね。」
と誰かが言った。

みんな、黙っていた。

 

それ以後、山田君のことを話す人は誰もいなかった。

 

もう、半世紀も前の出来事だけど、忘れてしまいたい山田君の思い出だ。