きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

日曜日:セコく感じちゃって

昨日から今日にかけて、撮り貯めた情報番組や映画を見て過ごしました。

ブルーレイレコーダーの500GBのハードディスクの3分の1を埋めていたので、番組を見始めて20分でつまらなければ削除です。

 

本格的なウエスタンが見たいと録画しておいた1973年制作のサム・ペキンパー監督の「ビリーザキッド」も、どうもテンポが合わず2時間見切れそうもなかったので15分だけ見て削除。

 

2016年制作のコロンビア映画「パッセンジャー」は、Yahoo映画サイトでの評価が5点満点で3.74と比較的良い評価だが、宇宙物のありがちな物語で真新しさはなかった。それでも別の意味で興味を持って、最後まで見てしまいました。

コロンビア映画にありがちなのが、劇中の商品にSONYのロゴがついてること。「パッセンジャー」では多機能掃除ロボ、ポータブル薄型モニターに小さくSONYの文字を見つけた。

まさか宇宙服にまでついてないよなと、画面をスローモーションにして確認したり、物語とは違う興味を持って見守ってました。

 

SONYのロゴを見付ける都度、寂しさを感じてしまう。

掃除ロボにまでSONYのロゴ付けているのを見つけて、残念な気持ちしか残らなかった。

f:id:up2t-skmt:20180311150456j:plain

1960年に発売したソニーのポータブルテレビ。世界初のトランジスター式テレビというだけでなく、半世紀前だと言うのになんとクールなデザインだこと。過ぎ去ったソニーの時代の遺産になってしまうのだろうか。

 

現場でのソニー縛りとかあるんだろうけど、そろそろ再考してもらってもいいかな。