きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

金曜日:夏の釣り.....コレはどうだ

迷走台風が去ったら、夏の暑さが戻ってくるのかと期待していたが、それも一日だけで、再び梅雨のような天気。過ごしやすくて良いんだけど、夏が終わってしまうようで寂しさも。

夏の暑さを避けてこの時期は釣りは休みますが、ウインドサーフィンまで休むようになってしまいました。

まあ、歳なんでしょうね。

夏の直射日光が、刺さるように厳しく感じるようになって来ました。 もう少し夏を楽しめないかと思案していると、面白そうな夏の釣りを見つけました。

 

真夏のアカハタ釣り

釣りビジョンの「RUN&GUN SALT」でとりあげていた、真夏の地磯からのアカハタ釣りが面白そうでした。

www.fishing-v.jp

塩津紀彦氏が西伊豆の沖磯や地磯、ゴロタ浜からソフトルアーで狙って、30から40cm程のアカハタを釣り上げてました。アカハタは食べたこと無いので味の想像がつきませんが、煮付けにしたら美味そう。

 

アカハタは夏場に産卵のため浅場に来て、産卵後の荒食いをする秋までが浅場での釣り期のようです。

番組では7月中旬の釣りでしたが、まだ時期的に早いようなコメントしてましたから、8月9月のまさに夏真っ盛りの釣りのようです。

 

仕掛け

仕掛けはシーバス狙うのと同じで良さそう。リールは魚がかかったときに、浅場のゴロタ石や根に潜り込まれないよう強引に引き出すのにベイトリールが良いとのことですが、浅場に魚がいない時に遠投するのにスピニングリールの4000番(シマノの場合)でも良いとのこと。

 

ラインは1.2から1.5号のPEラインに、ショックリーダーにフロロカーボン5号を使う。ヒラメ釣りのまんま使えそう。

 

針は名称がわからないけど、バス釣りで使うような大きな針にワーム系のソフトルアーを刺して使う。

ゴロタ浜の釣りになるので、どうしても根掛かりがあるのでルアーが底についたらのんびりせずリフト&フォールの繰り返し。根掛かりしないよう早めに操作する。

 

釣り場を探す

軽装で磯場やゴロタ浜をランガンするのが趣味に合う。いい運動になりそうだけど、夏の直射日光にさらされて辛そうではある。ベスト用に冷却ファンとかほしいところ。

さっそく、グーグル・マップで西伊豆の釣り場を探してみました。

秘境感たっぷりな崖下の磯やゴロタ浜がたっぷりあるけど、クルマを安全な場所に駐車して自分の足で降りていける場所は数少ない。

 

西伊豆までいかなくても東伊豆、三浦半島の城ヶ島、外房でも似た場所がありそう。

f:id:up2t-skmt:20170811143931j:plain

数年前に東伊豆のイガイガ根近辺の磯場を下見した時の写真。
駐車場から30分ほど歩く場所で、真夏に下見したので汗びっしょり。
カゴ釣り、フカセ釣りがメインの場所だが、夏にはシイラがまわってく
るのでルアー釣りの人もいました。
軽装のルアー釣りなら30分ぐらいなんでもないが、途中の林を抜けるの
にハチの群れが一番怖かった。

 

f:id:up2t-skmt:20170811143927j:plain

三浦半島最南端、城ヶ島の安房崎灯台側の磯場。
水平線に薄っすら見えるのは房総半島。
24時間駐車場から城ヶ島公園を抜けて徒歩40分ほどの場所。
東京から2時間もかからない地磯だが、丹念にコマセを入れていくと
夕方には40cm近いメジナが釣れる。

 

この釣をしている人自体少なそうだし、アカハタ美味そうだし、来年あたり夏の2ヶ月間だけの参戦を考えてみよう。