読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

月曜日:アマゾンからギフト券

日記・雑記 読書

f:id:up2t-skmt:20170227203054j:plain

アマゾンからアソシエイト・プログラムのお知らせメールが届いた。

ブログ内で本を紹介して、アマゾンで購入に至るとなにがしかの手数料がいただけるというものだ。

 

アソシエイト・プログラムはブログを始めた2010年4月から始めたが、自分のつたない文章で紹介した本を買ってくれる人などいるわけ無いだろうと案内のメールを読んだことは一度もない。

読むことなくゴミ箱行きだ。

 

今日もいつも通りにゴミ箱ボタンを押したが、押す瞬間に文面が少し見えて金額が書いてあったように見えた。ゴミ箱に入っているメールを読み返してみると、なんと12月に4冊のお買上げがあったと言う。前月からの繰越分と合算して600円にも満たない金額だがギフト券としてお支払いしますということだ。

そう言えば先週、アマゾンからギフト券プレゼントのメールが届いていたが、アソシエイト・プログラムに記入されていた金額と同じだ。

てっきり自分がアマゾンで購入した商品のうち、ギフト券プレゼント対象の品物があったのだろうと思いこんでいた。

年に何回かギフト券のプレゼントメールが来ていたのは、アソシエイト・プログラムからだったのか。

 

ギフト券がもらえたことより、自分の紹介文で本を買っていただいていると言うことがなんとも嬉しい。なんといったらいいのか、ブログを通じて人との接点をもてたことが嬉しいのだ。

そういうことだったら、張り切って紹介文書いてみよう。

と思うもフッと考えてしまった。

 

お前の紹介した本読んだけどつまらなかったぞ。
なんてこともあり得るな。
特に中身を見ないでアマゾンで買うとハズレ本が多くなるのは自分でも経験済みだ。張り切って紹介文書くのは良いけど、その辺は慎重さも必要ですね。

多少つまらない点があっても、つまらないとは書かないからな。つまらなかった本の紹介というのがあってもいいか。(著者に失礼のようだから止めときましょう)

 

いずれにしてもありがとうございました。
アクセスアップとともにブログを書く励みになりました。