読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

土曜日:めげないで頑張ってよ

昼からプレーニングコンディションの予報が出ているので逗子に行ってきた。

逗子では短パンにTシャツ姿が目立つ。すっかり真夏の陽気。学生くたちの練習風景が目立つ。まだ数回しか乗ったことがない新入生を上級生が指導。若いころって気持ちに余裕が無いから、ウインドサーフィンにうまく乗れなくてモロ落ち込むことも有るだろう。頑張ってほしいものです。その先に喜びがあることを知ってほしい。

ボクも、ウインドサーフィンではずいぶん落ち込んだもんだ。なんでこんなこと始めちゃったんだろう。ボードなんか買わなきゃよかった。それが帰りの電車では、次の練習を楽しみにしている自分がいた。

なかなかうまくならなくて、インストラクター先生に相談した。「自分の楽しみでやってるんだから、人と比較しないで楽しむのがいい。」そう言われてずいぶん気持ちが楽になった。

 

f:id:up2t-skmt:20150530193232j:plain

サーフパンツにタッパーなんて夏の装いの人が多いが、こちらは年寄りなのでシーガルで体を冷やさないようにした。実際それで正解だったと思う。水温が低くて落水するとかなり冷える。

前回来た時は赤潮で汚れた海だったが、今日の逗子の海水は透明度が高い。湾口まで行ったけど海底が透けて見える。

昨日は逗子の花火大会が盛大に行われたようだ。海岸はさぞかしゴミで汚れいるだろ。とーんでもない。いつもよりきれなぐらいだ。ゴミなんかこれっぽっちもない。打ち上げ花火の火薬を包んでいた紙が、沖合に浮いているのを見るぐらいだ。

 

さて、風の方はと言うと。10時少し前に出艇すると、沖の方から黒いブローラインが近づいてくるのが見える。見る見る間に風は上がって、一回目のタックをしてすぐにプレーニングした。この風も吹き始めだけで終わって、あとはダラダラ勢いよく走る程度。

午後にはもう少し上がってくるだろう。11時半に昼休憩にした。昼食後30分ぐらい寝たかな。体が疲れぎみなようだ。あんまり風が上がってくるようならムリしないで上がることにしよう。

12時半になって午前のスクールが終わって海が空き初めてから出艇した。細かいウネリがスピードを殺してしまう。もっと吹いてくればウネリなど飛び越して行くんだろうけど、そこまで吹いていない。

風の割にスピードが出ない、セイルが重い。セイルのセッティング間違ったかな。時折のブローでプレーニングするものの、イライラが続く。

午後のスクールが始まったので海上が混み始めた。2時で上がることにした。道具を片付けている間に風が上がってきてほとんどがプレーニングし始めたようだ。相当混雑している。こんな混雑の中で乗るのはとても無理だ。

新入生くんたちはどうしただろう。この風で泣きべそかいてないかな。海では涙流しても誰にもわからないから、気にすることないや。