読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

アドラー心理学の実践

今朝の日経MJ新聞で、
アドラー心理学によるビジネススキルの向上の記事が目を引いた。
仕事でやらなければいけないことを先伸ばしにして、ぎりぎりになって手をつけるから満足な結果が得られない。毎日の作業に埋没して仕事のスキルを上げることが出来ない。こんな時の解決法として、アドラー心理学を応用した手法をコンサルタントの先生が紹介していた。

その場しのぎに流されないように、自分を見つめ直してやるべきことを見つけたら、忘れないよう行動することをメモに残してすぐに行動することが重要。小さな行動が前振りとなって次の行動を促すことになる。
短い時間を積み重ね、どんな一歩でもいいから踏み出して行動に移せば仕事のスキルは確実に上がる。

そうそう、ここんとこ実感として納得できるんだ。
半年ぐらい前からやり始めたことなんだけど、一週間の予定をワープロに記入してついうっかり忘れないように役立てている。週末の遊びの予定を立てることから始めたんだけどね。

ワープロの文書に日付を書いて一日一行で、一週間や週末の予定を記入するようにしている。
ごくごく簡単な記入で、日付を書いた横に、やる事、出掛け場所、買い物リストなどその日に行うことを記入する。印刷せずワープロ画面で見るだけ。ワープロ画面なので新規の入力や予定の変更もすぐに反映できる。

これをGoogle keepにテキストを貼り付けておけばスマホからも見られる。スマホ用のアプリもあるので検索してみてはどうですか。

下の画像がスマホ画面で見たGoogle keep。各ページが横2画面で縦に並んでいる。大きくしたいページをタップすれば老眼鏡がなくてもいいくらいの拡大画面になる。買い物リストや備忘録に使える。

やるべきことを忘れないというだけでなく別の効果もあるようだ。手をつけるのが億劫なことなどでも、記入しておくと順番に片づけて行くようになって先送りすることが無くなった。やるべきこととして淡々とこなしていけるようだ。

用事を忘れず、優先順位と取り掛かりやすい日や時間を考えて予定を立てるので、用事がどんどんかたずいて気持ちいい。自分をほめてやりたい気分だ。

アドラー心理学を応用して自分を見つめ直してビジネススキルを向上させるのは、なかなか難しいことだが、一週間の予定をワープロに書き込んで、ついうっかり忘れることの内容にする事ならだれでもできるだろう。

こんな程度でも小さな行動が次を促して行くことは実感できる。お勧めの方法です。
それにしても、ついうっかり忘れちゃう人ほどメモ付けないよな。