きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

それなりにリフレッシュできた一日

三連休初日、釣りに行く予定だったけどあんまりに寒いので延期。南房総の朝6時の気温がマイナス2度になってるなんて。一日突っ立てるのも辛い。

昨日の低気圧の残りの風も朝のうちなら残っているだろうと期待して出掛けた。
逗子駅に降りるとまずまずの風を感じる。冷たい北寄りの風。時折のブローで沖だったら走りそう。

それにしても海岸だれもいない。湾の中央で逗子開成高校のヨット授業が見えるぐらい。浜で出艇準備のウインドサーフィンも姿なし。一人でおいしい想いできるのかな。

準備をするうちにブローの勢いがなくなってきた。10時前に出艇。グローブは着用したけどブーツは履かないで我慢できるとこまで試してみることにした。

ヒザぐらいまでの深さまで行く。何だか風がない。全くない。
直前に出艇したディンギーのセイルも垂れ下がったまま。弱いブローが入ってくるけど、これで出て行ったらオフショアの風で帰ってくることができないだろう。やーめた。

予報だと午後にかけ余計に穏やかになるようなので、この時間ダメだったら一日ダメだろう。そうは言っても少し待つことにして貝殻ひろいなどしてみる。

昨日の風で沖から貝殻が打ち寄せられたとか。形の残った桜貝もある。今日乗れなかったとしてもおみやげに持って帰ろう。

こんなんで11時ぐらいまで過ごした。艇庫に帰ると珍しい小鳥がいるので写真を取る。艇庫の水を飲んでいるようだ。

デジカメを手にとったのであちこち写真をとってみる。野ざらしにしておくと日焼けで色あせて、雨にあたり風にあたりでボロボロになってしまう。そんなボロボロの様子もないから使っているんだろう。一番上のハーネスどうやってとるんだろう。

今まで何年間も見てきた風景だけど写真を撮ると気がつかなかったことがたくさんあることに気がついた。

昼にして午後に期待することにした。途中で風がオンショアに変わった。
海面がざわざわしだしたのでちょっと期待。海岸で待つことにした。ブローで2mぐらいまで吹き始めた。せっかくなので出艇することにした。

1回、2回沖と海岸を行き来した。途中、指がかじかんできたのでセイルを置いて指を脇の下に入れて休憩を取る。スクールの三角セイルで初級コースぐらいの練習風景を見る。この寒い時期から習い始めるってのもやる気あるな。この人きっとうまくなるだろう。

30分も乗ったかな。上がることにした。特に感想はない。ブーツを履かない足はどうということ無く過ごせた。帰りの湘南新宿ラインで自分のいびきで目が覚めた。充分リフレッシュできたようだ。