きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

磯場探しのドライブ

きょうは新しい釣り場を開拓するために現場視察に出掛けることにした。
どうも釣り場のレパートリーが少なくて同じ場所ばかりになっているので、
釣り場案内の書籍を参考にして探してみることにした。
参考にしたのは「房総半島パーフェクト地磯ガイド」。

房総半島パーフェクト地磯ガイド―ぐるっと一周、完全網羅!入釣経路も詳細解説!! (BIG1 111)

房総半島パーフェクト地磯ガイド―ぐるっと一周、完全網羅!入釣経路も詳細解説!! (BIG1 111)

クルマを止める場所とか釣り場までの経路が細かく記載してあって役立つ。
房総編のほか伊豆編もあるので地磯探しには揃えておきたい。
駐車場の様子はGoogleマップの写真で確認する。

釣り場の条件としては、クルマが安全に置けること、
駐車場から釣り場まで遠くても20分程度でいけること、が最低条件だ。

もちろん釣れるに越したことはないし混雑しない場所である方が良いけど、
なんたって地磯だから贅沢は言えない。

昔は料金4千円払って渡船で沖磯とかも行ったことあるけど、
たいして釣れもしなかったし、
何より釣りをする時間を船の営業時間に合わせなければならないのが
不満だった。
日の出前から日が沈むまでやらないと気が済まないので
渡船利用は次第に遠ざかっていった。
料金4千円ってのも今は痛いな。
よって今は地磯釣行しか考えていない。

新しい釣り場として新潟とか伊豆とかも考えたけど、
所用時間や高速代とか考えるとこれも痛いので房総半島に限ることにした。

常磐道を使って茨城とかは考えたけど
今も続く余震や放射能の影響を考慮して今回はやめにした。

ピックアップしたのは次の6ヶ所だ。
銚子犬若磯、安房小湊実入りの高磯、鴨川港弁天島&灯台島、
太海石切場(青年の家下)、乙浜港左の磯、白浜野島崎まきの下。

ウエダーがないと入れない洲崎イケバ大島、勝浦興津港センジツ岬、
勝浦八幡岬(城下の磯)は今回はパス。ウエダー欲しい!

-銚子犬若磯

東関東自動車道を降りて一般道を走っていると、
震災対応により補修工事をしていますの看板があちこちにあって
片側通行になっている。
関東地方でも茨城や千葉でも津波の被害を受けている。

本では外川港の堤防に駐車できるとあるが、
他に釣り人がまったくいないため駐車しているクルマがない。
漁師さんのじゃまにならないだろう角っこにクルマを止めた。

本に示された経路通りで分かりやすく磯に出られる。
濁りも入っていかにも釣れそうな雰囲気もあるが。
なぜ釣り人が一人もいないのだろう。
今は多分釣れなくなったんだろう。

この磯は外川港と名洗港に挟まれた所にあって、
名洗港ではクレーン車など重機で補修工事の真っ最中だった。
この濁りは工事による土砂の影響ではないか。

今日のように北風が強くても岩が遮断してくれて
ナギの釣りやすい状況になっている。
残念だけど数年したらまた訪れてみよう。


犬若磯の名の由来になっているのは、この犬の形をした犬岩からだ。
犬岩は源義経が頼朝に追われて奥州へのがれるとき、
海岸に残された愛犬が主人を慕って7日7晩泣き続けて岩になった
と言われている。

また近くの千騎ケ岩(せんがいわ)は義経が千駄の兵をもって
立てこもったところからこの地名が出たという。

次の小湊に向かう前にぜひ訪れたい場所があった。
銚子マリーナ奥の無料駐車場だ。
日本のドーバーと言われる断崖絶壁が一望できる。

事前にインターネットで調べたところ、
この駐車場から見るのが一番見やすいとのこと。
海面まで60mあるという。


浜で一艇のウインドサーフィンが準備をしていた。
北の風が8mを超えてい吹いている。
常連の人なんだろうが一人で出艇というのも怖いな。

-安房小湊実入りの高磯

国道からクルマ一台通れるかといった道を通る小場所だけど
カーナビのおかげですぐに分かり磯の先端を目指す。

本によると行き止まりにある空き地に駐車できるとあるが、
途中で通行止めになっている。
本は2008年1月の発行で情報としては2007年以前になるので
最近の状況は実際に訪れてみなければわからない。
クルマを停めるところがないので諦めて次の場所に移動。

-鴨川港弁天島&灯台島

初心者も安心して釣れる場所とあったので
迷ったけど見ていくだけでもと寄ってみた。

島と言っても鴨川港から鉄製の橋が渡され釣り人も渡れるという。
事前のネット情報によると弁天島の橋が老朽化で
通行止めになっていて渡れないという。

到着してみると大型のクレーンが入って橋の工事真っ最中だった。
さらに奥の灯台島に向かったが横浜や品川ナンバーの釣り人と
思われるクルマで一杯になって止めるところがない。
クルマから降りること無く退散した。

-太海石切場(青年の家下)

県立の教育施設の下にある磯で、施設用の駐車場は釣り人も停められるようだ。

駐車場に入っていくといきなり立て看板があり、
ゴミを捨てていくのがあまりにひどいので施設利用者以外は
駐車しないでくださいとある。
釣り人の捨てるごみ問題、困ったもんだ。

今日は釣り道具は持っていないので一般人として
磯を見させてもらうことにした。
するといきなりこれだ。

せっかくの綺麗な海。残念だけど写真だけとって帰ることにします。


駐車場の前がすぐ海でサクも何も無いから


間違って前進したら落ちてまう。

-乙浜港左の磯

この港には昔から何度も来ている。
遠矢ウキの遠矢さんに会ったこともある。すぐ近くに実家があるという。

左側の磯の存在は知らなかった。
船道で深くなっているところがカケアガリになっており
狙うポイントになる。
なかなか気に入った。荒れたときの逃げ場にもなる。

-白浜野島崎まきの下

いつも来ているガーデン下の隣にある磯。

ここも釣りやすそうだがナギ日限定だ。

次回はこのうちの何処かに行きましょう。

いわきの看板を張った重機が工事をしている港を後に、
今日の現場視察から帰ることにした。