きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

日本一の山と日本一のトンネルに行ってきました

久しぶりに早朝ドライブに出掛けた。
本日の目的地は富士スバルラインを経て富士山五合目。
寒い時期に雪景色を見たかったが、
東日本大震災後の静岡の地震で富士スバルラインも被災して
補修のためGW直前まで通行止めになっていた。

強風や強い雨などによって通行止めになることもある。
富士スバルラインの通行可能状況は、
手作り感たっぷりな公式ホームページがあって
毎日の通行可能状態を更新してくれているので
確認してから出かけるといいだろう。

富士スバルライン公式ホームページ <http://fujisen.web.infoseek.co.jp/>


グーグルマップで調べると浦和から3時間ほどで到着するようだ。
カーナビに目的地を設定すると所要時間2時間40分と出た。

4時起きして5時に出発した。
今の時期は明け方前の3時に富士スバルラインがオープンする。
ご来光でも拝むなら夜の0時ぐらいにでも出発することになる。
ご来光を拝むには五合目駐車場に車を止めてさらに上を目指すので
軽装って訳にはいかないだろう。


首都高速から中央高速を経て、富士急ハイランドの巨大コースターが見える
河口湖で降りて10分も走らないうちに富士スバルラインの料金所だ。
往復分の料金2000円を払い富士山の土手っ腹目指して走行開始。

数台の車が走っている程度で混雑していることはない。


一合目駐車場でお茶飲料180円を自販機で買って一休み。
周りを見渡して緑の向こうに富士山頂上が見える。


四合目の大沢駐車場でトイレ休憩。
つい数日前にも降雪で道路が閉鎖されていたようだ。
ついそこまで積もった雪の様子が見える。

土手っ腹から初めて見る富士山の頂上の形だ。
なだらかな稜線の美しい富士山の形とは違って、こんなモンかって感じ。

終点の五合目駐車場はすぐだ。
駐車場は全て無料だけど混雑しているときは
駐車場手前の路肩が駐車スペースになるようだ。
五合目駐車場も第一駐車場はほぼ満車状態なので
隣の第二駐車場に車を止めた。
到着予定時間通りに7時40分に着いた。

これから頂上目指すぞといった本格的な登山スタイルのグループや
短めのスキー板をリュックにくくりつけて登山道を登っていく人達が
大勢いるほかボクのようにドライブでちょっと来てみましたといった人が少々。
時間が早いためレストランや土産物屋も空いていない。


そこら辺を一回りして、赤い鳥居が見えたので入ってみると
ここもシャッターが閉まっていて拝むこともできない。
御嶽神社というそうだ。
双眼鏡が設置してある2階建ての展望台に登って外界を眺め回す。
写真右端に見えるのは山中湖だ。


ここ五合目でも標高2300mある。
今までで一番の高所に来たことになる。
高速を降りた時点では外気温21度だったのが五合目では12度になっている。
やはり標高2300mだけある。
もっと寒いのかと思ってウインドブレーカー持ってきたけど
長袖ポロシャツ一枚で十分だ。


せっかく2000円払ったんだしもっとなにかないのかと
土産物屋の裏から人車の裏まで見回しても
何も無いんだな。

ツイッター用にスマホで写真を撮って
「富士山五合目到着」とツイートして次の目的地を目指してスタートした。


同じ道を戻って中央高速で帰るのもつまらないし、
時間もまだ8時を過ぎたぐらいなので、
ちょっと遠回りをしてすべて一般道で秩父経由で帰ることにした。
途中には一般道路のトンネルでは日本一の長さだという
「雁坂トンネル」を通ってみることにした。

ただしこのルートだと浦和到着予定時刻2時になる。
所要時間5時間半といったところか。朝早かったから眠くならないかな。


雁坂トンネルには11時過ぎに到着。
日本一のトンネルを通ってみました。
所要時間20分ほど。

感想は長いトンネルだというだけでこれといってない。
日本一のトンネルといっても、
これといって面白いわけでもないし感動的なわけでもない。
このトンネルが出来るまでは大変な思いをして
山道ルートを越えて行ったんでしょう。


秩父の山道を経て入間、狭山、所沢から浦和に到着。
秩父の山道ではやはり睡魔に襲われた。
まさに悪魔のような眠気で、カーブで曲がっている最中に
秒の何分の一かの一瞬に気持ちが飛んでいることがある。
2度ほどガードレール擦りそうになってひやっとした。

所沢から浦和までの間に渋滞があって
予定時間より15分過ぎても無事に自宅に到着。

海は夏の暑さで風も9m吹いていたようだ。
車でもクーラー付けていても暑かった。
もうそろそろ磯釣り復活の準備で、
昔よく通ってた南房総の釣り場を確認に行ってくることにしよう。
今夜はビールが旨いぞ。