きょうをリセット(+週末海遊びの記録)

ラスコです。くよくよしないで今日をリセットして頑張ろう、週末は海で遊んじゃえ。

本日の逗子、南西の風4m

暑さ負けしたかちょっと疲れ気味だけど逗子に出掛ける。午後からはプレーニングコンディションの予報も出ているので。
逗子駅に着くとさっそく風を感じる。午後とは言わず午前中からイイ風が吹いてくるかもしれない。海水浴シーズンも終わり9月からスクールの開始時間が11時に戻ったので久々参加することにした。一人練習では楽なことしかやらないのでスキルが向上しない。

セイルはDUKE5.9を張ることにした。今日の風で5.9ではプレーニング機会を逸してしまうかもしれないが、買ったばかりのセイルなのでとにかく使いたい。きょう6mぐらい吹いてきたときの感じを味わって今後の使用パターンを考えることにする。
11時スクール開始時間では南西の風3mほどのオンショア。今日の課題はテイルジャイブと言うことになった。湾中央まで出たらタック禁止ですべてジャイブで方向転換。浜に近づいてもタック禁止で上って位置を確保する。自分練習では絶対やらないことだ。
自分なりにいろんなパターンで加重するポイントをずらしたり、セイル返しのタイミングを変えたりしてジャイブを何十回と繰り返した。セイル返しするときにマスト手のをマスト位置までずらすのが出来ていたりいなかったりするのでバランスを崩すことがある。マスト位置までブームを握る手をずらしておけば手元を見なくてもマストを掴んでスムーズなセイル返しが出来る。この辺を注意されて課題の取り組んだ。
1時間ほどすると急に疲れが出てきて、海の上にいると感じないんだけど暑さに負けたかな。しゃがんで手で海水をすくい頭や肩にかけた。水は夏場の温さはなく気持ちよい冷たさだ。心配したクラゲの姿も見えない。海上にいればちょうど良いマリンスポーツシーズンと言ったところだけど、自分的には疲れが出てきた。DUKE5.9がとても軽くて小振りで取り扱いも楽なので負担が軽減されたけど、途中何度かセイルを置いて休んだ。
1時前にそろそろ上がろうという声がかかってほっとして上がった。浜に上がってからもしばらくヒザに手を置いて息を整えていた。


午後少しずつ風も上がってきた。弁当のおにぎりを食べながら見ているとプレーニングする艇もちらほら。30分も休んだか、風の上がってきた海上に出た。
午前より風も上がってきたのでセイルのダウンを1cmほど引き直して出艇した。5.9セイルだけあって海面のさざ波のたち具合ほど力強さを感じない。他が勢いよく進んでいるのを横目に重々しくも沖を目指した。2時近くが一番吹いていたようで、それでも数艇プレーニングしているだけ。こちらは2歩ぐらい手前で、今日は無理かな。5m、一瞬6mぐらいあっただろうが5.9セイルは楽だ。これだったら7mぐらいでも余裕が持てるだろうけど、安定してプレーニングできるんだろうか。
2時半を過ぎると風は上がるどころか弱まってしまいプレーニング艇は何処にも見えなくなってしまった。こちらの疲れもたまってきたので上がることにした。
行き帰りの電車のクーラーの涼しさがこたえたのか、ちょっと熱っぽいようだ。今日はさっさと寝て来週に備えるとしよう。